自分で耐震診断ができる本 木造住宅編

自分でチェック!評価記入式

著者 既存建物耐震補強研究会 保坂貴司
出版 LLPブックエンド
発行 2011年3月30日
価格 1,400円+税
この書籍はamazon.co.jpでご購入いただけます。
この商品には新版「我が家の耐震診断プログラム」があります

あなたの家はだいじょうぶ?
あなたの家が地震に強いか、弱いかあなた自身が耐震診断25項目をチェックするだけで、手軽に耐震性能を調べられます。その評価の合計点数によって補強・改修工事が必要かどうかの判断ができます。

目次一覧
耐震診断
1. まず、築年数と耐用年数
2. 昭和56年以前の住宅かどうか
3. 水の被害・台風・大地震の経験は
4. 隣地との高低差も関係が
5. 液状化の恐れがある場合も
6. 住宅の揺れ方は
7. 住宅の高さと間口の関係に注意
8. 基礎にクラックがあるか
9. 壁の多い住宅は地震に強い
10. 開口部の多い住宅は弱い
11. 平面が細長い住宅の強さは
12. 平面の形状が複雑な場合は
13. 二階の壁下の一階に壁がなかったら
14. 下屋のつき方にも関係が
15. 大きな部屋がある住宅は
16. 大きな吹抜けがある場合は
17. 改築のとき柱を抜いたか
18. 建具に問題があることも
19. 床が下がっているところがあるか
20. 住宅のメンテナンスについて
21. 屋根が重い住宅はどうか
22. 外壁の劣化にも気を配る
23. 屋根の劣化・雨漏りにも注意
24. 二階部分を増築した場合は
25. 増改築を繰り返したときには