診断調査について

TOP > 診断調査について

匠建築の行う構造調査(耐震診断)はこのような流れで行います。

建物の耐震診断は何故必要なのか?
これまでの建築に関する法律は地震がある度に変わり続けています。
しかし、建物を法律改正に併せて直す事はなかなか出来ません。
そこで耐震診断により既存建物の耐震性を判断する為に調査を行う事が必要になります。
診断結果により、その建物の耐震性も目安を算出していきます。
現在、木造住宅は30年程度が耐用年数と思っている方が多くおります。
しかし30年程度で建物を新築するのは経済的にも環境的にも望ましい事とは言えません。
しかし、現在、地震の活動期に入っている今、防災対策を行う事が経済的にも効果的と言われております。そのため耐震診断を行い、耐震改修を行う事が人命を守り、財産を守り、そして、環境を守る事に繋がります。
匠建築では、通常行われる「耐震診断」に「地盤調査」の要素を取り入れた『構造調査』を行います。実際に『構造調査』ではこのような資料をご用意します。

-まずはお気軽にお問い合わせください。-